mutomasa ブログ

浅学非才、継続は力なり

Googleマップに投稿した野津田公園の写真

 

約6年前にGoogleマップに投稿した写真の閲覧が6万回ですというメールが届いた。地味に嬉しいです😃

東京都町田市にある野津田公園の写真です。多摩丘陵近くにあり、緑が沢山あって素敵な場所です。

f:id:muto_masa:20210112151303j:image

 

その約6年前に撮った写真が掲載されているブログがこちらです。桜が満開の暖かいあの日からもう少しで6年の歳月が流れます。あれから私なりに色々と成長した反面、大人になりきれない面も多い自分に気づかされます。

mutomasa.hatenadiary.jp

久々にWindows Serverを触る

f:id:muto_masa:20210111144919p:plain

 

仕事でADへコンピュータを再登録する作業が発生するので、ADの復習がてら評価版のWindows Server 2019を落として、2台構成にしてみた。

仮想ソフトウェアはWorkstation Playerを使いました。なぜか、Virtuaboxではエラーが出てインストール出来なかったので...。

さて、久々のAD構成が新鮮で楽しい。と言っても細かい設定方法は忘れていて、書籍を頼りにドメインを構成しました。

しかし、クライアントでWorkgroupからドメイン指定に変更しても、「ドメインが見つかりません...」とエラーが出てドメインにログイン出来ない(泣)

一応、エラー原因を探りながら以下の基本事項は確認した。

1) クライアントのDNSはADに向けている

⇒優先度1にAD兼DNSサーバのIPアドレスを設定

2) ADのDNSサーバーを再起動した

⇒【サーバマネージャ】から再起動

3) DNSサーバのSVRレコードは登録してある

⇒nslookup -type=srv  _ldap._tcp.dc._msdcs.mutomasa.local [dnsサーバIPアドレス]を叩いて、ADの情報が取れることを確認

4) ADにログインするユーザアカウントとコンピュータは登録してある

⇒【Active Directory ユーザとコンピュータ】から確認

 

この作業で現時点で1時間が溶けているので、なんとかしたい^_^

翌日にFWを無効にしたら、ドメインに参加できた。

 

f:id:muto_masa:20210112103146p:plain

 

タブレットで物理キーボードを使ってみる

f:id:muto_masa:20201223225550j:image


きっかけ

勉強したアウトプットをエクセルなどにタブレットを使って打ち込むの流石に辛すぎるので、Bluetooth キーボードを買った。このキーボードはとても軽いのと、自分の指に合っている感じで選びました。

 

使用感

思ったよりも早く入力出来ます。軽いので持ち運びも楽ですし、キーボードのケースがタブレット立てになります。サンマルクカフェでまったりとしながら勉強のまとめをしました。

WSL2のUbuntu20.04でKubernetesを使う

WSL2のUbuntu20.04でKubernetesを使いたいと思い、どのようにするのかと調べていたら、WSL統合を有効にするれば、すぐに使えることがわかりました。

 

Docker DesktopのSettingsを開きます。

まずはKubernetesを有効にします。

f:id:muto_masa:20210102205007p:plain


リソースの設定を開き、デフォルトのディストリビューションとの統合にチェックを入れます。次に、インストールしてあるディストリビューションをONにします。

ここでデフォルトのディストリビューションは以下で設定できます。最後の2はWSLのバーション番号です。

wsl --set-version Ubuntu-20.04 2

f:id:muto_masa:20210102205145p:plain

 

Ubuntu20.04へターミナルで接続して、kubectl versionで表示できればOKです。

ここまで簡単にUbuntu20.04でkubernetesを使えるとは思いませんでした。便利です(^^)

プロジェクト管理ツール Writeを使ってみる

これまでWebベースのプロジェクト管理やプライベートのタスク管理ツールには、

Trelloを使っていました。Trelloのカンバン方式が今でもとても気に入っています。

新年になり、心機一転Trelloに似たUIと機能を持つツールを探していました。

そこで、WrikeというWebベースのツールを見つけました。以下がリンクです。

ひとまず、Freeプランでアカウントを作りました。

www.wrike.com

 

さて、ちょっとした使用感ですが、かんばん方式のUIに加えて、テーブル(表形式)でタスクを管理できるのがよかったです。

ガントチャートの表示はPro以上で契約しないと使えないのが痛いところです。(Trelloでもガントチャートのフルアクセスは無料プランでは表示できませんが)

ひとまず、少し使ってみて気に入ったらProプランに変更してみようかと思います。月額は9ドルくらいです。

 

jsonデータのテスト環境を作る

きっかけ

jsonデータの作成とjsonデータを返すサーバを探していました。サーバの方はPythonやGoで作っても良かったのですが、jsonからリソースURIを自動で作るのは面倒です。

 

jsonデータの作り方

以下のパッケージを使いました。

www.npmjs.com

 仕込み方法。お手軽に架空の大量jsonデータを作ってくれます。

dummy.hbs

{
"users": [
{{#repeat 2}}
{
"id": {{@index}},
"name": "{{firstName}} {{lastName}}",
"work": "{{company}}",
"email": "{{email}}",
"dob": "{{date '1900' '2000' 'YYYY'}}",
"address": "{{int 1 100}} {{street}}",
"city": "{{city}}",
"optedin": {{boolean}}
}
{{/repeat}}
]
}

このテンプレートからjsonデータを作ります。

dummyjson dummy.hbs>dummy.json

 

次に、先程作ったjsonデータを返すサーバを使う

以下のパッケージを使いました。

www.npmjs.com

 

作ったjsonデータを指定して、jsonを返すRESTサーバを起動します。

json-server dummy.json

起動すると、リソースURLが表示されます。curlコマンドなどでjsonデータが受け取るれるか確認します。ルートはdummy.hbsで定義した「users」になります。